Eonta / Metastasis / Pithoprakta

ヤニス・クセナキス

Eonta / Metastasis / Pithoprakta | ヤニス・クセナキス
ギリシャ出身の作曲家、ヤニス・クセナキス(1922-2001)。建築と数学を学び、第二次世界大戦中はギリシャ国内で反ナチスのレジスタンス活動を行い左目を失う。戦後、フランスに渡りル・コルビジェの元で建築家としてのキャリアを積む。コルビジェの元で働きながら、パリ音楽院でオリビエ・メシアンに作曲を学ぶ。メシアンによる「君は数学を知っている。なぜそれを作曲に応用しないのか。」とその後の作曲を決定づける助言は、まさに音楽史に突然変異のように現れた新しい響きを聴かせる作品を生み出す事となった。「メタスタシス」の冒頭のグリッサンド、そしてコンピュータと確率論を使って作曲された「ピソプラクタ」等々、それまでの音楽にはなかった音の振る舞いを手に入れた。そして、クセナキスの作品には「数学的な作曲」では説明出来ない強烈なドラマが聴こえる。

関連商品はありません