フランス - スペイン 〜シャブリエ : 狂詩曲 「スペイン」 他

エマニュエル・シャブリエモーリス・ラヴェルフランソワ=グザヴィエ・ロトレ・シエクル

フランス - スペイン 〜シャブリエ : 狂詩曲 「スペイン」 他 | エマニュエル・シャブリエ,モーリス・ラヴェル,フランソワ=グザヴィエ・ロト,レ・シエクル
奇才指揮者フランソワ=グザヴィエ・ロト。本アルバムはフランスの作曲家の目を通したスペイン。両国はピレネー山脈を挟んで隣同士ながら、音楽の印象はかなり違います。
このテーマの代表作がシャブリエの狂詩曲「スペイン」。1883年にパリで初演され、マーラーは「近代音楽の始まり」と位置づけ、その先進性を高く評価したといわれます。これまでのイメージにより、原色的なオーケストラの響きとボルテージの高さが先入観となっていましたが、ロトとレ・シエクルの演奏は繊細で純フランス風。ラヴェルを思わす近代的な音響に驚かされます。またマスネ作品でも当時の楽器、とりわけ木管の音色がマスネの柔らかな色彩にぴったりで、パステルカラーの世界が広がります。さらに驚きなのが、ラヴェルの『道化師の朝の歌』。ラヴェルこそロト&レ・シエクルに一番合う作曲家と実感できる相性の良さ。各楽器の響きがこれ以上ないほど均等なうえ、透明で典雅な音色の美しさと人工美は目から鱗の落ちる思い。演奏後、観客の「ブラボー」の声が納得できます。
ロトの演奏は相変わらず才気煥発。歴史的な意義はもちろんながら、切れの良いリズム感、推進力などスペインらしい魅力を感じることができます。


【収録曲】
シャブリエ : 狂詩曲 「スペイン」
マスネ : 歌劇 「ル・シッド」 〜バレエ組曲
ラヴェル : 道化師の朝の歌
ドビュッシー : 管弦楽のための 「映像」 〜イベリア

【演奏】
フランソワ=グザヴィエ・ロト(指揮)
レ・シエクル

関連商品はありません